本文へスキップ

トリミング プロフェッショナル講座、ペットビジネスに活用できる4ライセンスを取得

トリミンググッズ

トリミング 講座

トリミンググッズ

トリミンググッズ


被毛全体をその犬種らしく、その子らしく整えることをトリミングと言いますが、それに必要なグッズ類には以下のようなものがあります。これらのすべてが必要というわけではありません。被毛のタイプや長さ、状態、自分の好みなどによって、愛犬に必要なものを揃えてください。


■ピンブラシ
一本一本のピンが太く、先端も丸くなっているので皮膚を傷つけにくい構造になっており、長毛種でも短毛種でも使えます。基本的ツールとして常備しておきたいブラシです。


■スリッカーブラシ
ソフトタイプとハードタイプとがあり、細くて「く」の字に曲がった針金が植えつけられています。もつれた毛をほぐしたり、抜け毛を取り除くのに効果的。シャンプー後の濡れた被毛を乾かす時にも重宝します。力を入れ過ぎると皮膚を傷つけてしまうことがあるので、使い方には注意を。主に長毛種向き。


■獣毛ブラシ
豚や猪の毛などを使用して作られており、毛艶をよくする効果があります。どちらかというと短毛種向き。ブラシの毛の軟度によって成犬用や子犬用、シニア犬用に分かれた製品もあります。


■ラバーブラシ
梳かす部分がゴムでできたブラシ。浮いた抜け毛を絡め取ることができるのと同時に、マッサージ効果も期待できます。手袋型のものもあり、短毛種に向くブラシです。


■コーム
金属製の櫛で、粗目、細目、その両方がドッキングしたものがあります。主にブラッシングの仕上げとして使うことが多く、毛が絡まるところが残ってないかチェックしながら被毛を整えます。長毛種にはぜひ常備したいものの一つです。


■ストリッピングナイフ
エアデール・テリアやスコティッシュ・テリアなどのテリア種、ミニチュア・シュナウザーなどは自ら換毛しにくいので新陳代謝を促す意味でも、被毛を抜いてあげたほうがよりその犬種らしい被毛となります。その際に使用されるのがプラッキングナイフ、ストリッピングナイフ、トリミングナイフと呼ばれるもの。ナイフとはいうものの、実際は被毛が引っかかりやすい構造になっている粗目の櫛のような感じです。ドッグサロンにお願いせず、自分でやってみたいという人は揃えておくといいかも。


■抜け毛処理用ブラシ
特にアンダーコートが密な犬種は、換毛期に抜け毛の処理にちょっとひと苦労。そんな時に重宝するのが抜け毛を素早く絡め取れるブラシ。


■トリミング用ハサミ(カットバサミ)
足先の毛の処理やお尻周りの毛をカットする際にも必要となるので、1本は欲しいトリミングバサミ。


■トリミング用ハサミ(スキバサミ)
カットした毛先を整えたり、被毛をボリュームダウンする時に便利。


■バリカン(クリッパー)
足裏の毛の処理など、ハサミを使わずにバリカンで仕上げることもできます。一般用にリーズナブルなバリカンも販売されているので、使ってみるのもいいでしょう。


トリミング プロフェッショナル講座

トリミング講座資料
ヒューマンアカデミー
トリミング プロフェッショナル講座
(ハサミセット付/右利き)

ペットサロン開業を視野に入れたカリキュラム
ペットビジネスに活用できる4ライセンスを取得


リンク情報

相互リンク募集中

LINK1    LINK2    LINK3    LINK4

LINK5    LINK6    LINK7    LINK8

トリミング 講座